AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

日本人が自信が持てない原因Part.1 〜8月15日の終戦記念日を迎えて〜

こんにちは!

楽に生きるコンサルタントの"りょーま"です。

 

AI時代に"自分の無意識から自由なって主体的に生きる自分"なることで

「自分のパターンにハマらない新しいパートナーシップ」「自分のパターンにハマらない新しいライフスタイル」を送ることができます。

 

 

皆さんは8月15日の終戦記念日について何を思いますか?

現代において、多くの人が戦争を体験したことがない世代になってしまっています。

 

 

僕が学校で学んだ日本の歴史では

・日本は第二次世界大戦で多くの国々に迷惑をかけた

・罪もないアジアの国々を侵略して植民地にした

・広島と長崎に原爆を落とされて戦争が終わった

・戦後、憲法を改正して軍隊を持たず、戦争をしない国になった

ザックリと学校の歴史ではこのようなことを学ばされます。

 

 

その結果、

・日本に誇りを持てずに自国のアイデンティティも確立できない

・「前へ習え」と言った集団同調主義、上の言う通りに従うだけ

・周りに合わせるばかりで、自らの意思で主体的に考えて行動することが苦手

・何をやるにも先ず周りの目を気にしてしまう

と言った日本人がたくさん生まれました。

 

 

これらは全て戦後の教育からです。

では戦前の日本はどんな日本だったのでしょうか?

 

戦前の日本を観たときに一番の歴史的な出来事は明治維新ですよね。

これは世界史的に観てもとても意味のある出来事でした。

 

f:id:ryoma99aj10:20180818140045j:plain

 

アジアの中で唯一、自らの意志で近代化に成功した日本

それまで侍中心の文化だった日本が、自らの意志で、その文化を捨てて西洋の文化を取り入れて近代化に成功したのです。

 

 

何より日本という国が明治から誕生しました。

それまでの日本は藩という小国の集まりでした。

日本が今の国家という体をなしたのは明治からです。北海道も明治以前は日本の領土としては認知されていませんでした。

 

そして、明治になって初めて、基本的人権が社会制度として充実し、かつそれに伴って法制度、議会制度が整えられて民主主義国家として日本が生まれたのでした。

 

 

当たり前に歴史で学ぶ明治維新も、客観的に世界から観ると、かなり意義ある出来事と言えます。

 

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

次回は更に踏み込んで明治時代の日本人について話してみたいと思います。