AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

何のために生きてるか知りたかった自分

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、それをリセットする仕組みを知ること。感情も考えも統制できる自分になること。

 

それができて初めて、自分の心から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

僕は子どもの時から本質的な答えを知りたい子だった。

 

自分がなぜこの世に生まれて来たんだろう?とか、自分の生まれた理由は何なんだろう?とか。

 

f:id:ryoma99aj10:20190510190621j:plain

それに対して納得いく答えをくれた大人は一人もいなかった。

 

そして、学校の勉強も疑問だらけだった。

国語で漢字を学ぶ。

漢字の書き順を学ぶ。

なんでこの漢字でこの書き順なのか?

違ったらダメなのか?

 

数学で1+1=2を学ぶ。

これは人生にどんな意味があるのか?

九九は何を意味するの?

 

 

全てが疑問だらけでした。

 

学校では僕の疑問に対する答えは貰えずにただ良い点数を取ることが正しいとされ、丸暗記させる学習しかやらない。

答えを学ぶだけの教育が気持ち悪かった。

 

 

何故そうなのか?

何のためのものなのか?

それが知りたかった。

 

前提が知りたいし、僕は前提を疑う性格なんです。

だからよく他人には否定的と言われたりするんだけど、否定というか、疑問なんですよね。

深くまで知りたいの。

 

 

美術の時間が好きだったのは、絵の世界、アートの世界は正解がないから。

解析が個人の自由だから。

それが本当に楽しかった。

 

 

正解を学ぶより、自分の正解を創っていくのが楽しい!

 

 

ただ、美術の授業は

描く時、作る時は楽しいんだけど、先生が勝手に点数付けるのは嫌だった。

というか、点数が高い時は嬉しいけど、点数が低い時は嫌だった(笑)

 

 

自由な世界に勝手に境界線が引かれるのが気持ち悪かった。

なんで勝手に点数付けるんだ!

お前に何がわかるんだ!

という気持ちだったと思います。

 

 

でも自分が美術教師になった時にその先生の気持ちもよくわかったけどね。

点数付けるのが今の学校教育であり、先生の仕事なんです。

生徒の可能性を決めつけて点数化してあげるのが今の学校教育の限界。。

 

 

今の義務教育には子どもの可能性を決めつけることしかできない!

可能性の枠を点数によって規定することしかできない。

 

 

芸大に入学してもそれは一緒。

全てがある一定の境界線の範囲の中で人間を規定する。

社会自体がそもそもその前提の上で成り立っている。

というか、今僕らが使ってる西洋の思考方式が範囲を規定して名前を付けていく思考方式だから。

 

 

僕がNoh Jesuさんと出会ったのは30歳過ぎてから。

彼に出会って、僕が子どもの頃から抱いていた疑問の答えに出会うことができた。

そしてその人間を小さな枠にはめて、お前はこういう人間だ!と決めつける、

今の社会の構造的限界を変えていける希望にも出会った。

 

 

教育は可能性だ。

可能性を広げるには社会の枠組みを変えるしかない。

社会を変えるには個人個人の認識の変化しかない。

社会の構成員の個人個人の意識レベル、認識レベルが上がれば社会も変わっていく。

 

”認識が世界を変える”

 

人の可能性がどんどん開くRe・rise協会 in 大阪

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるために。

 

 

全国で今、Re・rise協会が広がっています。

特に大阪では経営者の間でRe・rise協会が広がっているんです。

今までの組織は、何かモノやサービスがあり、それらを販売するための組織が、組織としてのニーズでした。Re・rise協会はそうではなく、「組織システム」や「組織の在り方」に重きを置いており、「完全組織を創るための組織」がRe・rise協会です。

完全組織というのはTeal組織のような進化型の組織を思い浮かべてもらえたらわかりやすいと思います。そこにはnTechの教育がベースになっています。 

 

rerise-association.jp

 

今回、出張で大阪に行ったんですが

Re・rise協会設立準備のメンバーたちの交流会に参加させてもらいました。

 

これは悟りの技術であるnTechを共通に学んだ仲間たちが

本気で大阪の街を元気にしようと結集したコミュニティ。

 

f:id:ryoma99aj10:20190701163150j:plain

大阪Re・rise協会の皆さん

どんどんメンバーも拡大しており、今は大阪第四Re・riseまで始まろうとしていました。

 

 

nTechという共通の土台があるために今までにない透明性のある組織。

そして何でもお互いに言い合えて循環しながらバージョンアップするチームプレイが生まれています。これからの大阪が本当に楽しみです。

 

 

人間が進化するには組織が必要ですが、今の組織は個人の可能性を生かせていません。

集団も個人も循環して成長していける組織が理想です。

今までは人間の5感覚に依存するチームプレイでしたが、そうではなくnTechを使って、5感覚の外の機能を使って境界線のない組織を創っていくのがRe・rise協会です。

 

そんな組織が大阪からどんどん生まれているのは本当に楽しみです。

 

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

無の価値が理解できたら、有の価値はそれ以上に理解できる

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、

それをリセットし、セッティングし直すこと"で

自分の魂から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

インターネットの出現で情報過多、答えが見えず、社会が複雑化しています。

更にスマートフォンによってその傾向がより顕著です。

簡単に検索ができるが故に人間の思考能力、判断・決断能力が弱くなってきています。

 

 

そもそも有の世界に正解はないことに全ての人が気づくべきです。

正解はなく、ただ観点があるのみ。

であるのに、脳は正解を求めてしまう。

脳は余白が嫌いなため、何かで埋めようとしてしまいます。

これは確実に有の世界、存在の世界に限界があるのは明白。

 

有の世界、正解を求めるのはAI(人工知能)に任せて、人間は無の世界の理解にシフトするべきです。

 

f:id:ryoma99aj10:20190625095651j:plain

 

そもそも無とは何なのか?

有と無の関係性。

有がどんな仕組みによって生まれてきているのか?

 

 

まだまだメジャーではないけれど時代は確実にそれを求めています。

今日も読んでいただきありがとうございまいした。

 

 

非言語の中に観る真のコミュニケーション

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、

それをリセットし、セッティングし直すこと"で

自分の魂から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

僕は子どもの頃から、自分のことを言葉で話すのが苦手で、

伝えても自分の意図したことがうまく伝わらないとか、

全然違う意味に取られてしまって悲しい思いをする経験が多かったのです。

 

f:id:ryoma99aj10:20190617174444j:plain

 

そのため言葉のコミュニケーションを諦めて

絵画などのイメージの世界に没入するようになりました。

そちらの方が伝えたい世界が伝わる気がしましたし、

何よりアートの世界は正解はないので

自由でジャッジされにくいと感じていたからだと思います。

 

 

悟りの世界でも言葉にした段階で固有の観点が生まれて

真理では無くなってしまうと言います。

イメージ不可能な真理の世界は、色や形を定義できないからです。

 

仏教ではそれを諸行無常諸法無我と言います。

また、禅の世界では不立文字といって文字や言葉によらない、体験による伝達の仕方があると言われています。

 

 

どうしても僕らは3次元の世界に生きているので

この5感覚で感じる、特に目で見えるものが正しい、絶対であると

思いがちですが、実はそれよりももっと深い

目では見えない、この目で見えている世界を成り立たせている

根元のメカニズムが存在します。

 

 

実は日本人はそれを世界で一番理解していた民族でした。

 

 

現代でも残っている「道」の世界。

花道や茶道、武道など道の中に己を観て

境界線がない真理の世界を感じる心を持っていました。

 

 

AI時代においては目で見える世界は

AIがどんどん代替していきます。

人間が開拓すべきは、この「道」の世界。

 

かつての日本人の誰もが持っていた世界なのです。

それをわかりやすく体系化したものがnTechです。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

人間はチームプレイをするために存在している

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、

それをリセットし、セッティングし直すこと"で

自分の魂から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

nTechを学んでいるとチームプレイの話がよく出ます。

nTech創始者Noh Jesu氏は人間はチームプレイをするため集団を創るために存在すると言います。

blog.noh-jesu.com

 

人間は何か形のあるもの、3次元の結果を求めます。

 

仕事で目標計画を立ててプロジェクトを達成したり、今よりももっと上の役職を目指したり、目標とする数字を達成したり、とにかく結果や形にばかりフォーカスが行きがちです。

 

 

しかし、実はそれら、全て目に見える結果物は本来のゴールではないのです。

本当はそれを達成することを道具にして

完全なチームプレイをすることが本来のプロジェクトであるのです。

 

 

組織といえば、最近はティール組織も話題になりましたが

自分と他人の境界線を超えた、全てがひとつの意識として繋がった

尊厳と尊厳が融合し合える最高のチームプレイのイメージがNoh Jesu氏が伝えている完全集団GI(Group Intelligence)です。

 

 

人と人の境界線がない最高のチームプレイは、

日本人の得意技である建前は使わずとも、本音で交流ができ、常に心と心が繋がった状態で意思決定も一人の能力ある人の意見で従わせるのではなく、みんなの観点を融合して意思決定をしていくものです。

 

 

究極に意思疎通ができているチーム。

それには観点の問題を理解して超えていくことが絶対に必要です。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

他人との相対比較で苦しむ先に観えてくる悟りの道

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、

それをリセットし、セッティングし直すこと"で

自分の魂から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

皆さんは誰かと比べて自分をダメなヤツと思ったり

逆に自分の方がデキル人間だと思ったりしてませんか?

 

特に他人との能力の差って目につくもの。

その度に一喜一憂するのが私達。

 

f:id:ryoma99aj10:20190530015955j:plain

 

以前の僕は他人との相対比較がおきると

すぐに「自分は他の人にできない〇〇の良いところを持ってるから」

とすぐに摩り替える技術で対処していました。

 

 

しかし、それをやればやるほど、相対比較は生まれます。

その度に摩り替えて誤魔化していましたが

本来はその分離して観てしまう認識を変化させることを

本来する必要があります。

 

 

結局、認識をチェンジせず

現象を変えようとしたり、

摩り替えたりすると

何度も同じ現象が自分に現れます。

 

nTechでは境界線のない一つのイメージを理解することで

脳の癖である、相対比較や自己否定、他者否定が

起きなくなっていきます。

 

 

私達が悟るプロセスで

この相対比較や自己否定、他者否定が

カニズムとして起きるわけなのです。

 

nTechの開発者のNoh Jesu

人間は機械のようなものと言います。

アルゴリズムの中でしか生きていないわけですから。

 

アルゴリズムの外に出て

本当に自由自在の人生をあなたもスタートしてみてください。

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

自分を責めるのは悟りの道

こんにちは!りょーまです。

"Live their true life."

自分の本当の人生を生きるとは?

 

"自分の無意識に繰り返しているパターンを意識化させ、

それをリセットし、セッティングし直すこと"で

自分の魂から沸き起こる、本当の自分の人生を生きることができます。

 

 

僕は失敗すると

そのことをクヨクヨ考えてしまい

何であの時●●したんだろう。

何であの時●●言ってしまったんだろう。

と過去を悔やむことが多い人間でした。

 

なので過去の失敗はたくさん覚えてます。

それで大病もしました。

だって、常に自分を攻撃してるんです。

何であの時…バカな自分って。。

そりゃ、病気しますよ。

大変です(笑)

 

f:id:ryoma99aj10:20190529180226j:plain

 

それが嫌なので失敗しないように

完璧にやらなきゃと思い込み

人前で話す時などは特に緊張するわけです。

 

 

これって日本人多いようです。

失敗しちゃダメだマインド。

完璧主義。

 

 

悟りの観点で言えば

すべては意味があり、すべては自分

すべてはひとつのもの。

なので◯も×もない。

それが真理。

 

 

なので失敗もそもそもない。

なのに、人間の脳は自分固有の判断基準で

◯×を創ってしまい、

私達はそこに振り回されてしまう。

 

本当、苦しいのです。

そこから自由になって◯×の境界線を外す

脳から自由になるのがnTechです。

 

 

いつもどんな時も可能性そのもの。

失敗も完璧もない。

すべてに愛がある状態。

 

自己否定は人間が悟るために

自分にくれたメッセージです。

 

すべてはひとつ。

脳から自由になりましょう。

 

今日も読んでくれてありがとうございます。