AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

nTech流『鏡の法則』

こんにちは!りょーまです。

"I live by my true self."

自分の人生を自分らしく思い切り生ききるためには?

 

"自分の無意識エンジンをセッティングし直す"ことで

今までの自分の繰り返してしまうパターンから脱皮して、全く新しい生き方ができるようになります。

 

 

皆さんは鏡の法則って聞いたことがありますか?

 

 

鏡の法則」とは、

「私たちの人生で起こる現象は、私たちの内面を映し出す鏡である」という法則です。
つまり、「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」という考え方です。

 

f:id:ryoma99aj10:20180910182129j:plain

 

例えば、鏡を見た時に、髪型が乱れていたとします。
でも、鏡の中 に手を突っ込んで、髪を直すことはできません。髪を直すには、自分自身 の髪に手をやる必要があります。

 

しかし、実際には、鏡の中の髪を直そうと必死に頑張る人がとても多いのです。自分ではなく、相手をなんとかしよう、環境を変えようと頑張るわけです。

 

 

私たちは自分自身の嫌な部分を、観ないように心の奥に蓋をして閉まってしまいます。そうするとそれを自分の周囲の世界に投影します。

 

相手の嫌な部分は実は自分の写し鏡です。

もし自分の嫌な部分を許すことが出来たら相手の嫌なところも気にならなくなるのです。特に人をジャッジしてしまいがちな人は、完璧主義で自分自身に対しても厳しい人が多いです。

 

 

 

また、それとは逆に相手に対して素敵なところが観えた時に羨ましいと思うことってないですか?

 

「○○さんは凄いなぁ。自分にはそんな才能はないなぁ。」

 

相手の素敵なところは潜在的な自分の可能性を無意識が投影してるのです。

 

f:id:ryoma99aj10:20180911090246j:plain

 

nTech流に言えば、幼少期に作られてしまった無意識エンジンが自分の才能というギフトを抑え込んで拒絶している状態です。

私たちの無意識は自分の可能性に気付かせるために日々、自分の心の反応を現象として鏡のように目の前に起こさせてくれます。

 

人の中に観えることが、本当は自分について判断審判していることだとしたら、あなたは自分の人への判断を変化させる必要があります。

そうしない限り、人に対して観えてしまうことが自分自身を苦しめ続け、自分を犠牲にした生き方しかできないでしょう。

 

 

まずは、どのように、自分の無意識エンジンがつくられてしまったのか?自分のアクセルとブレーキを明確に知ること。

そしてそこからどのようにこの世界を他人をジャッジしているのかを知り、そこから自由になることです。

 

 

私はnTechと出会って、ジャッジする自分から自由になり、世界の観え方が180°変化しました。

 

 

苦しくさせてる原因は外ではなく、実は自分の内側にあります。それが明確にわかることで中と外の境界線が無くなり、ひとつの動きとしてのこの世界の仕組みが理解できます。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。