AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

常識やルールに縛られず自由に生きる②

こんにちは!

AI時代の「新しいパートナーシップ」「新しいライフスタイル」を

提案している"自由自在に生きる"コンサルタントの"りょーま"です。

 

前回の記事はこちら

samurai-japan.hatenablog.com

 僕らが思ってる常識やルールって?

前回テーマに取り上げた、僕らが思ってる常識やルールってなんなんでしょう?

子供の頃はそんなの無かったのにいつの間にか親や学校の先生、社会の「◯と✖️」をインストールされてそれが自分のものになる。

 

 

例えば、日本で一般的なのは

空気を読むのが◯

逆に空気を読まずに自分勝手なことをするのが✖️

会社で上司が遅くまで仕事をしていたら自分が早く仕事が終わっても帰らず何か他の仕事をして忙しそうに見せる。

 

そして一旦、この◯と✖️の常識がインストールさせるとそこから自由になるのは難しい。

もう常にオートで無意識で同じことの繰り返しをしてしまうマインドループにハマります。

 

僕も昔は空気を読むプロでした。

最新の注意を払って、周りの空気を読んで場を乱さないように常に愛想笑いを浮かべて合わせるプロ!

 

そしてそれが正しいことと信じ込んでいました。

そうするのが当たり前と・・・。

 

では、そんな僕がどうやってそこから自由になって行ったのかを次回は話したいと思います。