AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

失敗したくない日本人

「失敗したくない。」
「きちんと理解してからじゃないとできない。」
「完璧にできるようになってからやる。」

 

f:id:ryoma99aj10:20180503192734j:plain

 

これら、日本人に多いですよね。

 

 戦後の教育で形成されてしまった日本人の根深い意識。

考えを放棄し、アメリカの従属して、ひたすらモノづくりだけに邁進してきたモノづくり日本。

戦争に負けて、二度と負けたくない、失敗したくないと無意識に決断した日本人。

日本の社会も「現状維持、安定、チャレンジさせない」という海。

 

 

山本五十六の言葉
『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』

 

 

私は19歳で大病を患い、大学受験に失敗して、社会人になったのが27歳からでした。

順風満帆でなかった私が今、こうして生きていられるのも両親の安心の海があったからこそ。

なんでもチャレンジさせてくれる海があったからこそ。

 

才能がない人はいません。
やる気こそが才能。

 

 その人のやる気を100%応援できる、思い切り失敗しても大丈夫、むしろ安心して失敗しなさいという、安心の海作りが今の日本社会には必要じゃないでしょうか。

能力のある人だけにしか任せられない今の社会の風潮が、能力主義成果主義を生み出しており、格差を助長させている原因でもあります。

 

 

見守る勇気を持つこと。
待つ勇気を持つこと。
任せる勇気を持つこと。

 

失敗というものはありません。
チャレンジしないことが失敗です。

 

 日本社会全体をどんなこともワクワクしながらゲーム感覚でチャレンジできる、そんな社会にしていきたいですね!そして日本人もこの狭い認識画面に閉じ込められたところから、大きく外に出ていく必要があると思います。