AI時代に自分らしく生きるたった一つの法則

AI時代のための「新しい関係性の話」や「本質的な生き方」についてのブログ

今までのチームプレーが限界である理由

企業や組織でのチームプレーにおいても
そして、1対1の人間関係・パートナーシップにおいても

裏切らない、信頼しか生まれない、同じ目標に一点に進めるような関係性はどうすればつくることができるでしょうか?

 

f:id:ryoma99aj10:20160704093547j:plain


人間は特別なトレーニングをして、人間自身のアイデンティティの変化が起きない限り
基本的に脳の観点に掴まれて生きている生き物です


私もかつてNLPコーチングなどを学んでいましたが
意識・無意識の領域は扱いますがその人のアイデンティティを構築しているカルマや(深い意味での)脳の観点の領域まで明確に仕組みから伝えているコンテンツはありませんでした。

観点の6つの問題を理解し解決できない限り、どうしても自分の脳の観点に掴まれてしまうし、相手の観点にも掴まれてしまうのです。

人間はそれぞれ価値判断の基準がバラバラなので何もしなければカオスになってしまいます。
それをお金の力(企業で言えば給料)や権力、法律や社会的な規範などの力で、ある意味無理やり統制しているわけです。


力で相手をコントロールしながらのチームプレーでは、いつかは人は離れてしまうし、チームの目標達成も難しいと思いませんか?
それを解決するにはどうしたらいいのでしょうか?

それが今まで人類が越えられなかった観点の障壁なのです。

脳の観点について学ぶ観術1Dayセミナー(無料)の詳細はこちらからです。

NR JAPAN株式会社 -認識が世界を変える-